健康かるてV7

 

両備システムズ
 
> 研究会 
地域保健・医療・福祉活動研究会 のご紹介


私たちの研究会は、専門職に必要な、体系化された知識と科学的な裏付けをもつ技術を生涯に亘り学習することを目的に、自治体保健師を初めとする地域保健・医療・福祉に従事する者が「集い」「学び」「気づき」そして働く「パワー」を得る場として活動しています。時代に応じたテーマを選定し、特別講師を招き専門の立場からの講演とワークショップなど参加者が主体となった意見交換や日頃の研究の成果を検討しています。

1.構成
会長:橋本眞紀 (元近大姫路大学看護学部看護学科 特任教授)
会員:市町村保健師および保健福祉医療に携る自治体関係者(会費無料)
事務局:株式会社両備システムズ 社会保障事業部内

2. 本研究会の歩み

現会長の橋本眞紀氏が市町村保健師のころ、岡山県内の保健師を集めて保健事業の電算勉強会を始めたのが研究会の始まりである。保健事業を遂行する上で、保健師が使えるコンピュータシステムをコンセプトに開発を行っていた(株)両備システムズの協力を得て、蓄積した健(検)診データの統計分析や抽出方法など、地域健康管理システムの利活用等についてコンサルを受ける。
その後、回を重ねる間に参加者も増えて県外の行政保健師も参加するようになる。また、会長橋本氏が大学に移籍してからは、より現場に則した公衆衛生看護の課題や発展のための情報交換の場と発展した。
開催毎に参加者も増えて、事務的作業が煩雑になったこともあり、
事務局を両備システムズに移し、年1回の定期的な開催が可能となり今日に至っている。

3. 事務局
株式会社両備システムズ 社会保障事業部内
mail kenkyu@ryobi.co.jp
TEL 086-264-1299
FAX  086-264-7322




 
Copyright(c) 2011  Ryobi Systems co., ltd All Right Reserved.